地震や台風等で各地で災害が発生していて、時には避難所に避難を強いられることもありますが、おおむね住民の方々が協力し、耐え忍んで秩序が保たれているように報道されています。(もしかすると一部では暴動が起きているのかもしれませんが・・・)

都市部で災害が起きた時に、果たして秩序が保たれるのかを考えてみたところ、かなり危ないのではないかと考えていますが、皆さんはどのようにお考えでしょうか。困っていたら誰かが助けてくれると思いますか?

・都市部では、ご近所のお付き合いが希薄。同じマンションやアパートでも知らない人が多い。
・他人の迷惑を考えず「自分さえ良ければいい」という人が多い
(例:通勤電車)
→並んでいる列に、平気で横から割り込む人
→目的地で一番先に出たいために、扉付近で踏ん張って邪魔をする人
→満員の電車に力づくで押し込んで、無理やり乗ってくる人
→駆け込み乗車で扉にモノを挟んで扉を開けてから乗る人

先般紹介したNetFlixで「ウォーキング・デッド」という海外ドラマを見ているのですが、情に流されたり、判断をミスったりすると、すぐに裏切られて死んでしまいます。

ウォーキング・デッドほど悲惨な状況にはなかなかならないとは思いますが、「正確な情報を取得」し、「的確な判断」をする。さらに「備えられる備えはしておく」ことが必要だと改めて感じました。家族や重要な方々と連絡方法の確認や避難場所の共有をしておきましょう。

以上

※本情報について
2018/9/30現在で、自分が調べたり体験した情報等を基に記載致しました。
情報の誤り等による不利益等が発生いたしましても、補償等は一切できませんのでご了承下さい。