最初に購入したスマートフォン(Galaxy NEXUS)に無料でEvernoteのプレミアム利用権(1年)が付属していたため、Evernoteのアカウントを作成し、プレミアム期間終了後も便利に利用してきましたが、先日PCの誤操作(PCのタッチパッドの誤反応)で資格の勉強用に使っていたノートを空白で上書きしてしまいました。
(しかも資格試験の前日・・・)

「クラウド上にこれまでの履歴があるから、すぐに戻せる」と思いきや、履歴から戻すには「プレミアム会員」の必要があるとのことで、悩んだ末にデータを諦めることにしました。

このことで改めて気がつかされたのは、クラウド上のデータは必ずしも自分のコントロール下に無いということ。
そして、大事な情報やデータをそのような場所に置いてしまっている現状。

サービス利用時に表示される「利用規約」「プライバシーポリシー」等には書いてあると思いますが、クラウド上のデータが今回のような誤操作等ではなく、サービスの障害等で消えてしまった場合や、突然サービスを停止した場合にどうなってしまうのか、クラウド上のデータを消してほしいと依頼した場合にきちんと消してくれるのか、クラウド上のデータがどのように使われているのか等、考えてみたことはありますでしょうか?

自分の場合は「有名な会社だから」「海外で上場しているから」「みんなが使っているから」というような、あいまいな基準でこれまでサービスの利用を選択してきましたが、今回の出来事をきっかけに必要なサービスだけに絞って使っていこうと考えを改めました。

この辺りは利便性を取るかプライバシーを取るか、という選択肢なので皆さんが自分自身で考えて判断していただければ良いことだと思います。リスクとリターンの関係ですので、利便性を追求して先行者利益を享受していくのもありかと。ただし内容を理解した上で利用したほうがいいんじゃないかな、というお話でした。

<参考資料>
・NSA盗聴問題で顕在化したクラウドのリスク(HuffPost Japan)
http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/05/nsa-spy-cloud-risk_n_4222865.html

・こんなにあった!クラウド大規模障害まとめ(NAVERまとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2134038242898717501

・ ファーストサーバ障害、深刻化する大規模「データ消失」
ヤフー子会社、クラウド時代の盲点を露呈(ネット事件簿)(nikkei.com)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2600L_W2A620C1000000/

以上