年明け1/3に放送された、NHKスペシャル「NEXT WORLD」の第一回放送を見て、色々なことを感じたので、思ったことや考えたことを記載します。

NHKスペシャル NEXT WORLD

番組の冒頭でいきなり結論っぽいものが。ものすごく印象に残りました。
・進化は止まらない。もう、後戻りはできないということ
・不確かな未来へ舵を切るしかない。そこに幸せが待っていると信じて

自分が望もうが望むまいが、時間は過去には戻らない。そんな中で自分が何を考え、どのように生きていくのか、考えてみてはいかがでしょうか。。。

番組内では、未来の生活の予測だけでなく、現時点でもかなり実用化されているシステムの例が挙がっていましたが、興味を引いたのはアメリカの警察が、犯罪予測システムの指示に従うことで検挙率などが上がっている事例です。
『人工知能が膨大なデータから、犯罪の発生確率の高い時間や場所を予測。警官は普段はパトロールしないような予測された場所に行くと、ドラッグを使ったような若者がナイフを持っていて、その場で逮捕/未然に事件を防止できました!』という内容でした。

人工知能は予測の根拠を示さない、とありましたが、膨大なデータを処理していると予想されます。過去の犯罪履歴だけでなく、おそらく今回の例で挙がった若者が送受信したメールやSNS、通話の履歴、位置情報、クレジットカード等の利用履歴など、あらゆるものがデータとして集まれば集まるほど、予測の精度が高くなるのは当然かと思います。
(例えば人工知能でなくとも、ある若者がスマホの位置情報をオンにしたまま、金物屋でナイフを購入し、ドラッグを売っている場所に出入りし、SNSでは不満をぶち上げ、昼間から人気のない場所でふらふらしていたら、めっちゃ犯罪やりそう、という予測ができますよね・・・)

その他の事例も既成概念を破るものが次々と出てきて非常に面白かったです。ぜひ興味のある方はNHKオンデマンド等でご覧ください。
(曲がヒットするかどうか人工知能が判断する、一瞬の感情の変化を見逃さない認識技術、裁判で人工知能が選んだ書類のチェックをする弁護士等)

以前に「個人情報は数円か?(ポイントカード利用について考えた)」という記事を書きましたが、実はポイントカード等はごくごく表面的な一部で、町中にある監視カメラや無料メールサービスやSNSサービスの利用履歴、その他のクラウドサービスの利用履歴、スマホの位置情報など、使われまくりなのかもしれません。(利用規約で承諾済みかと・・・)

・進化は止まらない。もう、後戻りはできないということ
・不確かな未来へ舵を切るしかない。そこに幸せが待っていると信じて

何を感じて何をするか、自分の意志は人工知能に決められていません。
人工知能が予測できないような人生を切り開いてみたいと思いませんか?

—【ちょっと横道】—
銀河鉄道999で、何もする必要のなくなった人間が肉の塊のようになっている映像を思い出しました。。。
Wikipedia 銀河鉄道999の停車駅
———————-