2018年7月に出雲大社に車で行ってきましたので、その旅行記を何回かに分けて記載します。

日時:7/14~7/16 (海の日を含んだ週末3日間)
自動車で行くのは、正直かなり大変だったのですが、行程に関して良かった点、反省点などを書きますのでご参考にして頂ければと思います。

まずは行きのルートでかかる時間を調査。(東京→出雲大社)

車で行っても電車で行っても、そんなに時間は変わらないのですが、実際に車で行くと、渋滞の通貨やサービスエリア等での休憩が必要となりますので、もう少しかかります。今回は気合を込めて車で行ってみました。
自動車旅行の良いところは、前々から予約をしていなくても、急に旅行に行くことができたり、臨機応変に立ち寄り場所などを決められることや、飛行機や新幹線と比較して安価なことです。
今回は、行くかどうか最終決定したのが出発の数日前。宿泊場所についても、出発してからの道中で当日の宿を、Web予約するような動きで充分に楽しむことができました。

<行程概要(1日目/行き)>
7/14 3:30頃 東京都内出発
7/14 5:30頃 新東名駿河湾沼津SA(下り)
7/14 8:00頃 新東名岡崎SA(下り)
7/14 (四日市付近渋滞)
7/14 16:00頃 宍道湖SA(下り)
7/14 17:00頃 出雲市内到着→宿にチェックイン

3連休でとにかく東名高速の神奈川県の渋滞を避けるために午前3時に出発。目論見通り関東はスムーズに通過しましたが、名古屋手前の岡崎SAで朝ご飯を食べて出発したところ、四日市付近で延々と渋滞してしまいました。中部地方の渋滞も考慮し、もっと出発時間を繰り上げるか、岡崎SAでの朝ご飯を短縮しておけばよかったかと思います。
また、渋滞を抜けて関西地域についてもまだまだ島根までの道のりは遠く、かなり車で行くのはかなり厳しいですが、何とか夕方には到着して、のんびり温泉に入ったり、豪華な夕食を頂くことができました。

<行程概要(2日目)>
7/15 9:00頃 須佐神社→八雲風穴→出雲大社
7/15 11:00頃 出雲大社(昼食/参拝)
7/15 13:30頃 出雲大社出発
7/15 15:30頃 美保神社
7/15 16:30頃 水木しげる記念館
7/15 18:00頃 境港で夕食
7/15 19:00頃 境港出発

宿のそばの須佐神社、八雲風穴を軽く見た後に出雲大社へ。オススメのそば屋さんで昼食を取った後に出雲大社参拝。その後、美保神社に下道で向かった後は、水木しげる記念館へ。閉館時間ギリギリと思ったら、繁忙期は時間が延長されていてじっくり見ることが出来ましたが、行かれる時期によって時間はご確認ください。
この日は渋滞もなく、行程的にも無理が無く色々なところを回れた行程だと思います。

<行程概要(2日目~3日目)>
7/15 19:00頃 境港出発
7/15 23:00頃 レストイン多賀SA(チェックアウト)
(仮眠)
7/16 5:00頃 レストイン多賀SA出発
7/16 9:30頃 東京都内到着

3連休最後の日も、午後になると東名高速の上り線が混むため、早め早めの移動開始。さすがに遊んだ後の徹夜運転は厳しいので、多賀SAを予約しておき、仮眠というかけっこうしっかり寝つつ、再度東京に向けて出発。
渋滞時間をずらして行動したため、特に渋滞せずに都内に戻ってくることができました。

全行程で2000km弱の強行スケジュールでした。渋滞が精神的にきついので、行きの四日市付近を除けばうまく抜けられたと思いますし、きっちりと体を休めるための帰り道の多賀SAのレストインがあって、だいぶ気持ちも楽でした。
ご自身の体力等もふまえて、休憩などをしっかりとれる無理のない行程で旅行計画を立てて頂けますようお願い致します。

次回以降は個別の場所を、写真などを含めてご紹介していきます。

※本情報について
2018/09/16現在で、自分が調べた情報等を基に記載致しました。
情報の誤り等による不利益等が発生いたしましても、補償等は一切できませんのでご了承下さい。