かなり時間が経ってしまいましたが、前回からの続きです。

アメリカ旅行にあたり、準備したもの、準備したほうが良かったもの、およびその結果を記載していきます。

<準備したもの>
1.ユニオンバンクのキャッシュカード
2.クレジットカード
3.ロサンゼルス空港の乗継確認
4.Mlifeカードの準備/アカウント作成
<準備したほうが良かったもの>
5.Uberアカウントの作成/アプリインストール/事前に日本でサービスを利用しておく

1.ユニオンバンクのキャッシュカード
以前の記事で、ユニオンバンクのキャッシュカードが使えるかどうか、近くのセブンイレブンで確認したことを記載しましたが、全てはアメリカ旅行の際の準備でした。

しかしながら、せっかくキャッシュカードを持って行ったものの、カード社会のアメリカでは現金が不足することは無く、興味本位でのATMでの引き出しも時間が無く実施できず・・・。次回のアメリカ旅行の際にはぜひ実施してみようと思います。

2.クレジットカード
→メインのクレジットカードがJCBで、Masterカードも持っていたのですが、将来的にステータスの高いカードを持ちたいなと思っていたこともあり、今回はAmerican Expressのゴールドカードを新規で発行しました。

結果から言うとAmerican Expressのゴールドカードは使えない場所は無く、「アメリカで最強」的な感触でした。しかしながら、ちょっぴり期待していたホテルの部屋のアップグレードなどは特になく、会員特典の「プライオリティ・パス」は、旅行出発までに手続きが間に合わず、旅行から帰ってきたらメンバーカードが届きました・・・。American Expressカードについては、今後別の記事でアップしていく予定です。

3.ロサンゼルス空港の乗継確認
→前回の旅行で、乗り継ぎが良く分からなくて焦りまくったため、今回はバッチリ準備をして臨みました。ものすごく参考にさせてもらったのが以下のサイトです。
ロサンゼルス空港 LAX:乗り継ぎ方法、ターミナル移動方法パーフェクトガイド(5 STAR TRAVELER)

しかしながら、航空機が少し遅れて到着したり、乗り継ぎなのにいったんターミナルの外に出されてしまったりと、今回も焦りまくりの乗り継ぎでした。こちらについては、次回の記事で詳細を記載予定です。お楽しみに。

4.Mlifeカードの準備/アカウント作成
5年前のラスベガス旅行の記事でMLifeカードを発行したことを記載しました。今回もカジノに行ったときに使えるか、持って行って試してみようと思っていたのですが、MGMのWebサイトで持っているMLifeカードと連携させてアカウント登録ができることを発見し、出発前にアカウントを作成しておきました。

5年前のラスベガスで敗北した記録が残っていて閲覧できるようになっていたことは甘酸っぱい思い出でしたし、実際に現地でカジノをプレイするとアカウントの情報に反映していくのが面白かったです。アカウント登録などは下記から実施できます。
MGM Resorts

5.Uberアカウントの作成/アプリインストール/事前に日本でサービスを利用しておく
→ラスベガスのマッカラン国際空港到着後、予約していたMGM Grandホテルまではタクシーを利用したのですが、まさかの遠回りタクシーに乗ってしまいました・・・。ラスベガス旅行の情報源(ラスベガス大全)や現地ツアーのガイドさんによると、ラスベガスのタクシーは遠回りなどが横行しているとのことで、現地ではUberが便利で発達しているとのこと。遠回りなどは無く、アプリを利用した時点で価格が決まってカード決済されるので旅行者も安心とのこと。

しかしながら、日本でアカウントを作っていなかったため現地でアカウントを作成しようとしたところ、電話番号認証が必要だったため、Wi-Fi+機内モード作戦を取っていた自分はアカウント作成を断念しました。日本では全然普及していないサービスですが、アメリカではホテルの中にUber乗り場の案内がしっかり表示されている等市民権を得ていますので、ぜひこれからアメリカ旅行に行かれるかたは、日本でアカウント登録してアプリをインストールし、サービスを利用してみることをオススメします。

(ご注意)日本でのUberサービスは、日本での規制等に対応するため、一般ドライバーによるシェアライドではなく、業者によるハイヤーのようなサービスとして提供されています。ご理解の上、ご利用ください。

※本情報について
2018/06/16現在で、自分が調べた情報等を基に記載致しました。
情報の誤り等による不利益等が発生いたしましても、補償等は一切できませんのでご了承下さい。