ハードディスクの消去に関しては、以前の記事で「DESTROY」というソフトをご紹介しましたが、これを上回るソフトを見つけましたのでご紹介します。

その名は「わいぷたん」
萌え系の名前だけでなく、起動した後(GUi)の丸文字みたいなフォントなどは、一目でスルーしてしまう要素が溢れていますが、使ってみるとものすごく便利な実力派です!

ハードディスク消去ツール「wipe-out」Webサイト

良いと思う点を記載します。
1.フリーソフトでありつつ、一般的な用途に対して充分な機能が備わっていること
2.企業で自社のPCデータを消去するための利用を明確に認めていること
3.FreeBSDをベースにしており、対応するデバイスが豊富なこと
4.バージョンアップが継続されていること

上記の中でも自分が凄いと思ったのは3.と4.です。
FreeBSDをベースにしていること+バージョンアップ時にFreeBSDのベースのバージョンも同時にアップしていることで、ハードディスクを見つけられないことが本当に少ないと思われます。
(自分が消そうとしたPCやサーバのハードディスクは今のところ100%認識できています。他の消去ソフトではRAIDコントローラのドライバが入っていないためハードディスクを認識できなかったものが、「わいぷたん」では当然のようにディスクが認識される感覚は凄い!のひとこと。最新の機器などは、まだハードディスクを消去する機会がないので、もしかしたらまだ対応していないかもしれませんが、特殊なものでなければ今後のバージョンアップで対応されていくのではないかと思います。)

規約などで軍の要件(NSAとかNATOとか)を満たさないといけない場合は、「わいぷたん」では満たせない場合もありますが、その場合は準拠したソフトをご利用ください。一般の用途で使う分には「わいぷたん」がイチオシです!

※本情報について
2014/11/30現在で、自分が調べた情報等を基に記載致しました。
情報の誤り等による不利益等が発生いたしましても、補償等は一切できませんのでご了承下さい。

※2014/12/22追記
知人宅で、ワイヤレスキーボードのPC(NECバリュースター)で「わいぷたん」を起動したところ、キーボードを認識しませんでした・・・(汗)
Destroyでは問題なく認識して事なきを得ましたが、特殊なデバイスのPCなどにはご注意下さい。