最近はどうしても書かずにはいられなかったので、選挙や政治に関することを書いてみましたが、このブログの主旨に立ち戻ってIT関係の内容を記載します。

私は毎年1万km以上を運転するくらいのドライブ好きなのですが、以前からドライブレコーダーが欲しいと考えていました。何か事故に遭遇した時の証拠になることも欲しかった理由の一つですが、もっと単純に車から撮影した映像は、後で思い出になったり、思わぬ映像が取れたりして楽しいのではないかという理由です。

とはいえ、なかなか購入までには至らなかったのですが、ある日IT系の記事でドライブレコーダーをオススメしている記事を見て購入を決意。何となく欲しいと思っているところに、背中を押してくれるような記事があると買ってしまうのは、自分で決断しているように思いますが、実はステマを含めたマーケティングの真実なのかもしれないな、と思う今日この頃。

上海問屋、高感度CMOS+WDR機能採用のフルHDドラレコ「DN-13729」(Car Watch)

ただし家に帰ってから更に機種を検討したところ、「スマホとWi-Fi接続可能」「SDカード(16GB)が付属している」という点などを考慮し、Transcend社のDrivePro 200という機種を購入しました。

Transcend WiFi対応ドライブレコーダー 300万画素Full HD画質 160°広視野角 DrivePro 200 吸盤タイプのマウント付属 / TS16GDP200M-J

drivepro1 drivepro2
※箱と付属品

drivepro3 drivepro4
※ラクティスに取り付け。吸盤はフロントガラスのイボイボのところにはくっつかない(すぐに落ちてしまう)ので、助手席側にずらしてイボイボの無い部分に取り付けたらガッチリくっつきました。あとはサイト等で調べながら、目立たないように配線。助手席側のゴムみたいな部分をいったん引っ張って外し、その中に配線を通しました。

シガーソケットに差し込むとすぐに起動。思ったよりもぼんやりしていて画質が良くないな、と思ったらレンズ保護のフィルムを剥がし忘れていたことに数分気付かなかったのはここだけのお話。剥がしたらものすごくきれいなFullHD画質で録画ができました。下記は実際に撮影した動画を編集したものですのでご確認下さい。

後日談ですが、この製品には16GBのMicroSDカードが付属しており当面はこのままで足りると思っていました。しかしながらFullHD画質だと3~4時間くらいしか録画ができず古いものから上書きされてしまいますので、すぐに32GBのMicroSDカードが欲しくなってしまい購入しました。これから買われる方は32GB付属のモデルを購入されることをオススメします。
※この機種は仕様上32GBが上限で、64GB等を使うと不具合が出るらしいです。また、ドライブレコーダーは常時動画を書き込むため、普通の安価なSDカードではなくある程度の高速性(Class10等)と、耐久性(MLCタイプのSDカード)が推奨されています。このタイプのカードは少し高いので、本体を購入するときにどのような容量、仕様のMicroSDカードが付属するか確認されると良いと思います。

Transcend microSDHCカード 32GB UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 Newニンテンドー3DS 動作確認済 TS32GUSDHC10U1

※本情報について
2016/07/07現在で、自分が調べた情報等を基に記載致しました。
情報の誤り等による不利益等が発生いたしましても、補償等は一切できませんのでご了承下さい。