前回LINEモバイルを契約する部分まででしたが、今回は開通して利用可能にした話です。



SIMセットが届いてから二週間程度放置してしまいましたが、無事に開通することができました。

マニュアルを読むと、最初に「開通手続き」をしてください、とあったので契約時に作成したアカウントでLINEモバイルにログイン。しかし、けっこう一生懸命探しても「開通手続き」のボタンがありません・・・。

仕方なく開通窓口に電話をしてみると、本人確認の質問/回答のやりとりの末、既に開通手続きは完了していて利用可能な状態になっていますとのこと。二週間くらい放置していたので、自動的に開通していたようです。
(Webでダウンロードできる契約書面には、契約日の8日後にサービスの提供開始予定日が記載されていたのでその日に開通していたと思います)

iPhone6のSIMを開けるピンを忘れてしまい、クリップでは太すぎたので、裁縫用の針でOPEN。
無事にSIMを交換し電源ONし、QRコードからAPN設定をダウンロードしてインストールすると、あっさり開通。
Wi-FiをOFFにしても通信ができました!

またLINEアプリ上で、LINEモバイル更新期アカウントと友達になって設定する「契約者連携」「利用者連携」ですが、自分は実施しませんでした。メリットやデメリットがありますので、ご自身の判断でお願いします。

契約者連携・利用者連携(LINEモバイル)

<メリット>
・上記のホームページをご確認下さい。連携していないと、キャンペーンの対象外となることもあるようですが、ざっと見た限りだと、音声SIMの契約が中心で、自分のようなデータのみのSIM契約ではあまりキャンペーンは無いようです・・・。

<デメリット>
・契約者情報(氏名や住所等)が、LINEアカウントとガッツリ結びつくことでLINEの利用状況が個人情報に紐づくことになります。もともとLINEの利用で電話番号の認証(SMS)は必要なので電話番号は紐づいていますが、氏名や住所などは連携されていないはずです。LINEはメッセージのやり取りなどは見ていないとのことですが、必要のない個人情報は渡さないのが基本だと考えています。月額500円の1%(5円)で、氏名や住所の情報は渡す必要ないかな、と個人的には考えています。

LINEの情報利用に関するご案内(LINE)
捜査機関による情報の開示請求(LINE)

初回の請求が確定しましたので、キャプチャをアップします。
やはり初月は事務手数料とかSIM発行手数料とかでお金がかかりますね・・・。

※本情報について
2018/11/3現在で、自分が調べたり体験した情報等を基に記載致しました。
情報の誤り等による不利益等が発生いたしましても、補償等は一切できませんのでご了承下さい。